30年前のダイヤモンドの価値はどれほど変わったのか?

30年前のダイヤモンドの価値はどれほど変わったのか?

30年前のダイヤモンドの価値はどれほど変わったのか? ダイヤモンドの価値の変化(1990年 vs 2023年)

このグラフは、1990年と2023年における1カラットのダイヤモンドの価値を比較しています。詳細はこちら

はじめに

ダイヤモンドは永遠の輝きを持つ貴石とされ、その価値は時代とともに変動します。特に、30年前に購入したダイヤモンドが今どれほどの価値があるのか、多くの人々が興味を持っています。この記事では、30年前のダイヤモンドの価値と現在の価値を比較し、その変動要因について解説します。

価値の変動

1990年: 1カラットのダイヤモンドは約150万円

2023年: 1カラットのダイヤモンドは約300万円以上

このように、過去30年でダイヤモンドの価値は約2倍に増加しています[1]

変動の要因

  1. 希少価値の上昇: ダイヤモンドの産出量が減少している一方で、需要は高まっています。
  2. 投資価値: 安定した価格帯と上昇傾向にあるため、投資としても人気があります。
  3. 4Cの影響: カット、カラット、カラー、クラリティ(4C)が高品質であれば、それだけ価値が上がります。詳しくは、ダイヤモンドの4Cについてをご覧ください。

まとめ

30年前に購入したダイヤモンドは、今ではその価値が大幅に上昇しています。投資や記念品として保管しているダイヤモンドがあれば、その価値を再評価することをおすすめします。


ブログに戻る

弊社の煌めく天然ダイヤモンドコレクションはもうご覧になりましたか?