Wholesale and Retail Diamonds in Tokyo 東京都を拠点にするダイヤモンド卸売・小売店

ダイヤモンドは投資価値があるのか?

多くの人が、ダイヤモンドはとらえどころがなく、不安定な買い物だと感じている。シュワルツ・ジャパン株式会社のCEOであり、10L.jpのオーナーでもあるアディ・レヴィ氏が、私たちの疑問を解き明かしてくれる:

Q: ダイヤモンドの価格はどうやって決まるのですか?

ダイヤモンドは、商品と同じように市場価格を持っていますが、商品とは異なり、人間の目によって判断される美しさという、1つの異なる可変的な基準を持っています。私たちディーラーは、特定のカラット、カラー、クラリティ、カット(別名4CS')の価格を知るためのリストプライスを持っています。特定の石が、その価格より割安で取引されるか、割高で取引されるかを知るのは、私たちのプロフェッショナリズムと経験です。プロとしてダイヤモンドを取引するためには、世界的な需要、供給、そして現在進行中のトレンドを常に把握し、アクティブでなければなりません。そのための唯一の方法は、取引に非常に積極的に参加することです。

Q: ダイヤモンドは投資に適していますか?

様々なニーズを持ったお客様がいらっしゃいます。購入に感情的なお客様もいらっしゃいますし、転売価値をあまり気にされないお客様もいらっしゃいます。最初のミーティングでお客様のニーズを確認し、それに応じて解決策を提案します。堅実な投資を必要とする方もいれば、より高い潜在的リターンを伴う高いリスクを好む方もいます。他のペーパー投資とは異なり、ダイヤモンドは持ち続けて楽しむ資産です。ダイヤモンドは(身につける喜びを除いて)継続的な収入はありませんが、隠れたコストやメンテナンス、税金もかかりません。売買はプライベートなものであり、不動産のように税金の問題に悩まされることなく、愛する人に贈ったり、次の世代に渡したりすることができる。ダイヤモンドは宝石の中で最も安定しており、世界的な株価総合指数と比べても健全なプラス成長を示している。純粋に感傷的な買い物の場合でも、ダイヤモンドは他の贈り物と比べて圧倒的に見返りが大きい。例えば、洋服、旅行、車などです!

Q: では、なぜダイヤモンド・ジュエリーは人気のない投資なのでしょうか?

長年にわたって小売業者によって大きく侵害されてきた信頼の問題があります。ダイヤモンドはブランド化され、特に日本では法外な値段で売られています。小売店でダイヤモンドを購入し、ある時点でそれを売り戻そうとした人々は、自分たちの資産がほんのわずかな価値しかないことに気づいた。ダイヤモンド・ジュエリーの場合、他の買い物と違って、人々は当然のことながら一定の価値を期待する。人々は小売で支払う金額は、ダイヤモンドの上にブランドと小売コストをカバーしています。ダイヤモンドとダイヤモンド・ジュエリーの価格は、小売が終着駅であるのに対して、それを何人の手が取引したかによって決まる。私が小売店に売ったダイヤモンドが、時には5倍もの価格でショーケースに陳列されているのを目にします!

Q: ブランドは悪い投資だとおっしゃいますか?

人々がブランドを買うのは、ブランドが信頼を生み出すからです。ブランドには本質的な価値があり、それによって人々は一定の社会的地位を得たと感じることができる。非常に重い投資の場合、ブランド品にはブランドの歴史があるため、オークションでは良い値段がつきますが、主流のダイヤモンド・ジュエリーの場合、名前にはほとんど価値がありません。ダイヤモンド・ジュエリ

"
ブログに戻る